天然水とRO水との違い

 天然水とRO水の違いを理解しましょう

 

ウォーターサーバーの水には

天然水
RO水

の二つに大きく分けられます。

 

では、この「天然水」と「RO水」の違いは何なのでしょう。ちょっと説明したいと思います。

 

 

天然水とは

 

天然水はその名の通り天然の自然から採水されたお水で、主に地下水を原水としミネラル成分が程良く含まれた軟水です。自然の恵みをそのままに何年もかけて作られた水で、そのまろやかな味わいを楽しむことができます。

 

採取された水は、その後濾過や殺菌消毒され出荷されます。殺菌方法は 「加熱殺菌処理」「非加熱殺菌処理」 の二つの分けられますが、その殺菌処理の際、天然水の持つまろやかさや美味しさを保つように、各ウォーターサーバー業者は工夫しています。

 

 

RO水とは

 

RO水は限りなく純水に近い人工的に作った水です。
原水をRO膜というフィルターでろ過し、お水に含まれているミネラル成分などの不純物を取り除きます。このフィルターは水以外の不純物は通さないため、高精度で不純物を取り除いてくれます。

 

反面、ミネラルなどの栄養分まで取り除いてしまうので、ろ過したお水にミネラル成分を添加して、まろやかで美味しい安全なお水を作りだしています。

 

またミネラル等を添加していない純水は、一般的にピュアウォーターと呼ばれています。

 

 

 

どちらが良いかは一概には言えません。
とにかく安全性重視の人は、限りなく不純物が取り除かれたRO水ということになりますし、大自然のミネラルが適度にブレンドされ、天然水特有の甘みや美味しさを味わいたいのなら天然水となります。
ただ、天然水も殺菌処理し品質検査をクリアしたものなので、安全性には問題ありません。

 

天然水とRO水記事一覧

天然水のメリットとデメリット

自然の恵みで作られた天然水には、「天然バナジウム」「有機ゲルマニウム」「シリカ」など、医学界でも注目されているミネラルを豊富に含んでいます。 ※成分には各天然水により違いがあります。また水道水やRO水にはない甘みやまろやかさなど、その深い味わいは天然水ならではのものです。そんな天然水のメリットとデメ...

≫続きを読む

RO水のメリットとデメリット

RO水は不純物を 99 % 以上取り除く逆浸透膜でろ過した限りなく純水に近い水で、不純物や有害物質をも取り除くため安心で安全な水として定着しています。では、このRO水のメリットとデメリットを考えてみましょう。

≫続きを読む