RO水のメリットとデメリットとは

 RO水のメリットとデメリットを理解しましょう

RO水は不純物を 99 % 以上取り除く逆浸透膜でろ過した限りなく純水に近い水で、不純物や有害物質をも取り除くため安心で安全な水として定着しています。

 

では、このRO水のメリットとデメリットを考えてみましょう。

 RO水のメリット

RO水のメリットは何といっても、RO膜(逆浸透膜)というフィルターを通してろ過し、99 % 以上の不純物や有害物質を取り除いた安全な純水というところです。

 

また原水にこだわりません。もちろんメーカーによっては原水にこだわっていますが、基本RO水はどのお水でもろ過する過程で不純物を取り除くので、コストが少なくすみ天然水に比べ割安なものが多いのも特徴です。

 

通常、ミネラルなどを人工的に添加したものをRO水といい、逆に添加していない純水をピュアウォーターといいます。ピュアウォーターは素材や成分に影響を与えないので、料理や赤ちゃんのミルク作り・薬の服用などに適しています。

 RO水のデメリット

RO水のデメリットは、ろ過の過程で不純物を取り除くと共に本来含まれているミネラルまで除去してしまうため、天然水と比べると旨味を感じない点です。

 

人工的にミネラルを添加して調整はしているRO水ですが、美味しさという点では天然水の深い味わいにはかないません。ただし味の感じ方は人それぞれなので、そういった部分がデメリットと感じない人もいるでしょう。

 

また、美容や健康に良いとされる天然水の豊富なミネラルは、RO水に足りない部分です。

 

 

 

当サイトおすすめのRO水
アルピナウォーターの評価レビューはこちら

 

 

RO水のメリットとデメリット関連ページ

天然水のメリットとデメリット
天然水のメリットとデメリットを説明しています。